home お知らせ・評議会議事録 評議会議事録

評議会議事録List

2006.06.07

平成18年度 第2回グランメッセ熊本評議会 議事録

■開催日:平成18年5月18日(木) 午後0:00~午後1:30
■開催場所:熊本産業展示場(グランメッセ熊本)応接室2
■出席委員:坂本正 議長、他評議委員4名、藤井昭 理事長、他役員2名、事務局2名

■理事長あいさつ
グランメッセ熊本の管理運営を開始し2ヶ月が経過しました。組織的・会社的にも順調に進んでおります。財団法人から株式会社へ移行して会社組織の事務的処理もおおかた目処が付いたところであります。
管理運営を行うに当たり、地元の各マスコミ出資の組織ということもあり、経営がうまくいけば全国の展示場からも参考事例に成り得るとして注目されていますので、当社としても責任を重く感じています。
また、熊本県も当社に対し、独自企画による情報発信を期待しており、われわれとしても新しい営業展開も必要であると考えております。さらに、来年度はグランメッセ熊本が開館10周年ということもあり、現在企画を立案中でありますので、その際はぜひ、ご協力くださいますよう宜しくお願い致します。

第1号議案「施設及び設備等の使用許可の最終的承認」ついて
事務局から資料を基に説明を行い、全出席評議委員から承認された。

第2号議案「グランメッセ熊本利用料金の減免に関する規定の承認」について
事務局から資料を基に説明、報告を行った。

第3号議案「利用者のトラブル等への対応に関する報告」の承認について
事務局から利用者へのトラブル等は発生していない旨の説明がなされた。

第4号議案「イベント支援助成金等交付」の承認について
事務局から資料を基に説明を行い、全出席評議委員から承認された。

第5号議案「その他施設提供、使用許可に関する事項」について
事務局からそれらに関する事項の報告がない旨の説明がなされた。

■報告事項
1. 平成18年度4月分月次報告について
2. 株主総会日程等について
3. その他

■質疑応答および意見
熊本産業展示場開館10周年記念催事について、「肥薩の天地」の視点から、熊本と鹿児島の産業・文化・教育等を中心とした対立軸を基に、南九州の発展を目指す企画を立案してはとの意見があった。(熊本城築城400年祭もあり、タイムリーであるとのことであった。)
また、5月3,4,5日に開催した自主企画のグランメッセ祭について、1回目の自主事業で3万人以上の来場があったことは成功であり、もっと良くなる可能性を秘めている。営業努力で、朝市を中心にボリュームを出し、「地産地消」をテーマとした恒例行事となれば、来場者にも更に喜ばれるのではないかとの意見も出された。