home お知らせ・評議会議事録 評議会議事録

評議会議事録List

2012.07.19

平成24年度 第44回グランメッセ熊本評議会 議事録

■開催日:平成24年6月21日(木) 午後0:00~午後1:30

■開催場所:熊本産業展示場(グランメッセ熊本)応接室2

■出席委員:坂本 正 議長、他評議委員6名
代表取締役 梶原 一生、他役員1名、顧問1名、推進役1名、はあもにい副館長1名、事務局3名

■欠席委員:0名

■代表取締役あいさつ

■議事
 第1号議案
「施設及び設備等の使用許可の最終的承認」について
事務局から資料を基に6・7・8月分の施設及び設備等の使用許可申込状況について説明を行い、全出席評議員から承認された。

 第2号議案
「イベント支援助成金等交付の承認」について
事務局から平成24年8月18日(土)~19日(日)に開催される「青少年のための科学の祭典・熊本大会2012」に係る助成金交付の承認に伴う議案書に沿って説明を行い、全出席評議員から承認された。


※「利用者トラブル等への対応に関する報告の承認」について
 「その他施設提供、使用許可に関する事項」
  上記2件についての議案は今回はございません。


■報告事項
1. 平成24年4,5月分 月次報告について
2.その他

■その他質疑応答および意見

●イベント助成金について

評議員より、イベント助成金の財源について質問があり、筬島常務取締役がイベント助成金は県からの助成ではなく、指定管理者として利用料金等の収入の中から年間予算を組み、申請のあった産業や文化の振興に貢献できる催事に対して審査を行い、助成の可否、金額等を決定することになっているとの説明があった。
これに対して、評議員より、これは指定管理者以前からあった制度であり、本来は県の負担でやるべきこと。イベント助成金は県にお願いしてもいいのではないかとの意見が出された。
これに対して、筬島常務取締役より、グランメッセ熊本は利用料金制度であり、自助努力で収入を伸ばすことにより利益を確保し、公益的な部分に投資するという考え方でやっている。行政がやるよりも、柔軟な運用ができるので、バランスをとってやっていきたいと説明があった。
これに対して、別の評議員より、助成金という言葉は誤解を招く文言なので、仕様書上で適正な言葉に変えて欲しいという意見が評議会から出ていることを議事録にとどめてほしいとの意見があった。また、議長から、助成金の本来のあり方を整理し、県と協議してほしい旨の依頼があった。