home お知らせ・評議会議事録 評議会議事録

評議会議事録List

2012.01.19

平成23年度 第41回グランメッセ熊本評議会 議事録

■開催日:平成23年12月21日(水) 午後0:00~午後1:30

■開催場所:熊本産業展示場(グランメッセ熊本)応接室2

■出席委員:坂本 正 議長、他評議委員6名
代表取締役 梶原 一生、他役員1名、推進役1名、事務局4名

■欠席委員:0名

■代表取締役あいさつ

■議事
 第1号議案
「施設及び設備等の使用許可の最終的承認」について
事務局から資料を基に12・1・2月分の施設及び設備等の使用許可申込状況について説明を行い、全出席評議員から承認された。

 第2号議案
「利用者トラブル等への対応に関する報告の承認」について
筬島常務取締役が議案書に沿って館内で発生した2件の事故についての報告を行った。
その1 11月に開催されたコンサート時に、南エントランス近くの側溝に7歳の子供が落ちてけがをした件について、いたずらが原因で側溝の蓋がはずされていた可能性が高いことを説明し、対応として、筬島常務取締役が訪問のうえ、被害者に対して丁重にお詫びをしたことを報告し、来場者に危険があるような設備の不備がないよう、毎日の見回りをさらに徹底し、事故を未然に防ぐ措置をとっていくこと等が報告された。
その2 12月に開催された企業魅力PR会の撤去作業にホール内で起きた車と人の接触事故について、床ピット内で作業していた作業員に運転者が気づかずに接触したことが原因であり、今後、主催者に対して車をホール内に乗り入れる場合、前後左右の安全確認を十分に行いながら速度を落として移動するよう文書や看板等で注意喚起を行っていくことが報告された。

説明終了後、議長が質問、意見を求め、議案の適否を諮ったところ、事故防止を徹底するようにとの要望が出された上で、全出席評議員から承認された。

 追加案件 
 ソロプチミスト全国大会時の施設内和式トイレへの不評について
評議員から、先に行われたソロプチミスト全国大会の時に、館内トイレの大半が和式トイレであることに対して、多くの来場者から不評の声が聞かれたとの報告があった。これに対し、他の評議員の方々からも同様の声があがり、全国大会等を開催する県有施設が未だに洋式トイレになっていないことは、他県の同様施設と比べて著しく遅れており、全国から来られるお客様に対して大きなイメージ低下につながることが議論された。グランメッセ熊本評議会としても、県に対して是非改善を要望したいとの共通意見が出され、追加案件として承認された。


※「イベント支援助成金等交付の承認」について
 「その他施設提供、使用許可に関する事項」
  上記2件についての議案は今回はございません。


■報告事項
1. 平成23年10・11月分 月次報告について
2.その他


■その他質疑応答および意見
今回は特にございません。