home お知らせ・評議会議事録 評議会議事録

評議会議事録List

2011.05.17

平成23年度 第37回グランメッセ熊本評議会 議事録

■開催日:平成23年4月18日(月) 午後0:00~午後1:30

■開催場所:熊本産業展示場(グランメッセ熊本)応接室2

■出席委員:坂本 正 議長、他評議委員5名
代表取締役 梶原 一生、他役員2名、推進役1名、事務局2名

■欠席委員:1名

■代表取締役あいさつ

■議事
 第1号議案
「施設及び設備等の使用許可の最終的承認」について
事務局から資料を基に4・5・6月分の施設及び設備等の使用許可申込状況について説明を行い、全出席評議員から承認された。

※「利用者のトラブル等への対応に関する報告の承認」
 「イベント支援助成金等交付の承認」
 「その他施設提供、使用許可に関する事項」
  上記3件についての議案は今回はございません。

■報告事項
1. 平成23年2・3月分月次報告について
2.平成23年度 事業実施計画書について報告
3.その他(フラットパネルスピーカーについて)

■その他質疑応答および意見

●評議員より東北大震災の影響で中止・延期等は出ているかとの質問があり、筬島常務取締役より「今現在会議関係で2件ほど中止になっているが、それ以外の影響はない。ただ、今後展示会、商談会等に影響が出てくる可能性もあるため、福岡など県外へのPRを含めて積極的に営業展開していく所存である旨の返答がなされた。

●評議員より新幹線開業に関してのイベントはあるかとの質問があり、筬島常務取締役より「道の駅大集合というイベントが開催予定になっていたが、別の主催者より同時期にチャリティーイベントを開催したいという話が来ており、その中で道の駅も協力する形で開催する方向で話しが進んでいる。来年度以降については、1年あけて、政令市も含めて全国の朝市サミットをここで開催できるよう営業活動を行っているところである。」との回答がなされた。

●筬島常務より「コンベンション誘致に向けた取り組みとして、グランメッセコンベンションシステムという形を構築するために、先日、平面波スピーカーを利用した展示ホール実証実験を実施した。ひとつの展示ホールを分科会ができるようパネルで仕切り、大変指向性の強い平面波スピーカーを使用した場合音が他に漏れないか専門家に依頼して音量計測してもらった。その結果概ね良い評価をいただき、分科会開催が可能であるとの感触を得た。次回は、近いうちにもう少し装飾等にも気を遣った形でのデモンストレーションを実施したい。その際には当然コンベンション協会、熊本県、大学、マスコミなどを含めて案内状を出し、産業展示場でもコンベンションが開催できることを積極的にPRしていきたいと思っている。また、ひとつのホールの空間を自由に区切ることができるので、逆にそういったところを売りにして、10人の分科会でも、500人の分科会でもできるという形で売り込んでいく所存である。」との報告がなされた。これに対して、評議員より「ひとつの場所で全体会と分科会ができると非常に良い」「市内のほうとも連携できると良い」「展示場とコンサートと分科会などのコンベンションと、総合的な用途に使用できる」などの評価がなされた。また、次回のデモンストレーションの実施時に、会場に来れない人たちのためにビデオ等で撮影し、是非PR時の素材にして欲しいとの要望があった。これに対し、筬島常務より「撮影はもちろん、同時にパンフレット等も作成し、営業セールスに使いたい」との回答があった。